虹の子育てblog

2児の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのお役立ち情報など書いています。

夫の立場から考える、夫に育児・家事を手伝ってもらう為のあるキーワード。

f:id:gharuto:20191118085542j:plain


 育児お疲れ様です。

夫が育児・家事を手伝ってくれない、と悩んでいませんか?

 

育児・家事って協力するのが当たり前なのに、なんでそれが分からないんだろう?って思いますよね。

 

実は、夫の立場である私が考える、夫に手伝ってもらう為のあるキーワードがあるんです。

 

そのキーワードを使う事によって、もしかしたら手伝ってくれるようになるかもしれません。

 

役に立つかどうか分かりませんが、参考にしてみて下さい。

 

夫に育児・家事を手伝ってもらう為のキーワード。

夫の立場である私が考える、夫に育児や家事を手伝ってもらう為のキーワード、

それは「○○やってくれると楽(だった)」です。

 

私の例

ある例を出して説明します。これは実際私が言われた例です。

 

それはお風呂掃除の件なんですが、

私は仕事柄時々遅番の日があって、遅番の日は仕事に行く前に

  • 夕飯のお米を炊飯器にセット
  • 部屋の掃除
  • お風呂掃除

などをします。

これは別に決まりごとではなく、なんとなくやってるだけなので、お風呂掃除は時々忘れてしまいます。

 

帰りは遅いので、妻が

  • 夕方保育園のお迎え
  • 夕飯の支度
  • 子供お風呂

など全てやります。

 

それである遅番の日、妻がこう言ったんです。

「お風呂掃除やっといてね。あれやってくれるだけですごい楽。帰って来て(お湯をためる)ボタン、ポンっと押すだけだから。全然違う。」と。

妻が何気なく言った言葉ですが、それを聞いて私は、“え、そんなに楽なの⁉ならまたやるか”と思いました。

 

この「すごい楽」が重要だと思います。

男って、仕事でもそうですけど、何か役割を与えられたり、何か役に立っていると実感できるとモチベーションが上がるんですよね。

 

だから、家庭でも「俺は役に立っているんだ」と実感させる事が大事です。

 

その為のキーワードが「○○やってくれると楽」です。

 

この言葉を使う事で「あ、俺役に立っているんだ」と思わせる事が出来ます。

 

それに、どんな夫も妻が大変なのはわかってるはずです。

だから妻が楽になることなら「やってあげよう」と思うはずです。

 

「ありがとう」は?

夫のモチベーションを上げる言葉の代表に「ありがとう」がありますよね。

「ありがとう」もいいとは思いますが、どこか抽象的なんですよね

どうよかったのか、どんな結果が得られたのか、分かりづらい。

 

その点「○○やってくれると楽」の方が、

俺、手伝う→妻、体が楽

という、分かりやすい結果が得られてますよね。

だから「○○やってくれると楽」の方がいいと思います。

 

それに「ありがとう」って照れ臭くてなかなか言いづらいですよね。

 

定期的に言う事が大事。

この「○○やってくれると楽」は、毎日言う必要はありませんが、定期的に言った方がいいと思います。

やっぱり人間しばらくすると忘れてしまうんですよね。

 

他の言い方もあり。

少し違う言い方も有効だと思います。

例えば夫に子供をみてもらって一人の時間を貰えた時、

「すごいリフレッシュできた」とか、「のんびりできた」とか。

明確な結果が得られてますよね。

 

こういう言葉を聞くと、「よし、またやろう」と思えます。

 

 

昔書いた記事ですが、こちらもどうぞ↓

www.nijinokosodate.com