虹の子育てblog

2児の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのことなど書いています。

夫に育児を手伝ってもらう3つの方法


f:id:gharuto:20190501221934j:image

「夫が手伝ってくれない」「夫が非協力的だ」

これは子育てママにとっては本当に問題ですよね。

どうすれば手伝ってくれるようになるのか。

夫の立場の私が考えた3つの方法をご紹介します。

夫に育児を手伝ってもらう方法その①


f:id:gharuto:20190501222022j:image

それは、「コミュニケーション」です。

そう、言葉ではっきり伝える事です。

 

それも「手伝ってよ」「なんでやってくれないの?」など、曖昧な言い方ではダメです。

「私は○○で困ってるから○○と○○を手伝ってほしい」

という風に、自分の気持ち、考えを具体的に言うことが大切です。

自分の思っている事を言葉で表現するんです。

 

なぜ夫が手伝ってくれないか、その理由はたった一つ「わかってない」からです。

 

なんとなく困ってることはわかってるかもしれませんが、

具体的に何に困ってるのか、どの程度困ってるのかまでは理解してません。

 

それを理解してもらうには「言葉で伝える」しかありません。

 

人間の原理ですよね。自分の気持ちを相手に伝えるには「言葉で表現する」しかありません。

一回言っただけではなかなか伝わらないので、

何度も何度も根気強く伝えることです。

 

言わなくてもわかるでしょ、ではダメです。

どんどん言葉で発信し、自分のペースに持っていく事が大事です。

 

夫が動いてくれるのを待つのではなく、こっちが動かすのです。

 

「言葉で伝える」ことをあきらめたらそこでおしまいです。

 

めんどくさいかもしれませんが、自分の手を動かすより、口を動かした方が全然楽ですよね。

 

夫に育児を手伝ってもらう方法その②


f:id:gharuto:20190501222039j:image

「役割分担を紙に書く」です。

話をして、じゃあ手伝ってあげるとなったとき、

最初は一生懸命やってくれるかもしれませんが、

だんだんなあなあになってきて振り出しに戻ってしまいます。

問題なのは、やることが"あいまい"な事です。

"あいまい"は一番ダメです。

 

例えば、夕飯食べ終わった後、夫がゴロゴロしてたとします。

やることが決まってないと、

妻も不安になり「早くお風呂入れてよ」とか「ゴロゴロしてないで」とか言ってしまいます。

夫もゴロゴロすることに後ろめたさを感じてしまいます。

 

これが、やることが決まっていたら、

夫がゴロゴロしていても、

妻は「あぁ、ちょっと休んで後でやるんだな」位に思えるし、

夫としても、「20分休んで、○○時にお風呂入れて、そのあと洗い物やろう」

と計画が立てられます。

後ろめたさを感じずゴロゴロ出来るのです。

 

このように、やることが決まっているとお互い安心なんです。

 

そして、やることを紙に書いて視覚的に分かるようにするのはとても効果的です。

 

是非、役割分担を紙に書いて、見える所に貼っておいて下さい。

 

夫に育児を手伝ってもらう方法その③


f:id:gharuto:20190501222051j:image

「厳しくダメ出しをしない」です。

 

せっかく手伝ってくれるようになっても、妻から厳しくダメ出しをされるようでしたら嫌になり長続きしなくなってしまいます。

 

ありがとうを連発したり、誉めろとは言いません。

せめて厳しくダメ出しをするのだけはやめて下さい。

 

もし直してほしい所があったら、冷静に「ここはこういう風にやってほしい」と伝えて下さい。

言うのを我慢する必要はないです。

思った事を話すのはいいことです。

ただし怒らずに冷静に伝えて下さい。

 

そうやってコミュニケーションをとるうちにだんだんとお互いにのちょうどいいあんばいに落ち着くでしょう。

 

まとめ

一番大事なのは、めんどくさがらずに、そして諦めずにコミュニケーションを取る、と言うことです。

自分は何に困っているのか、どれ位困っているのか、何を手伝ってほしいのか、

自分が思っていることをきちんと相手に伝える事です。 

 

そして、役割分担を紙に書いて、見える所に貼っておくという事です。

やることがはっきりしているとお互い安心だし、自分のペースで出来ます。

やることがあいまいだと、時とともにまた振り出しに戻ってしまいます。

 

手伝ってくれるようになったら、厳しいダメ出しはせずに、なるべく穏やかに教えてあげて下さい。