虹の子育てblog

2人の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのお役立ち情報など書いています。

夫の立場から考える、夫に家事をやらせる5つの方法。

f:id:gharuto:20190501221934j:plain

「夫が家事をやらない」「非協力的だ」とお悩みではないでしょうか?

家事は協力してやるのが当たり前なのにおかしいですよね。

特に子育て中のママは大変です。

 

では、どうやったら夫に家事をやらせることができるのでしょうか?

夫の立場から考えてみました。

 

夫の立場から考える、夫に家事をやらせる方法。

f:id:gharuto:20190501222022j:plain

夫に家事をやらせる方法は、以下の5つです。

 

1.家事は大変だとはっきり伝える。

夫が家事をやらないのは、家事が大変なのを分かっていない可能性があります。

 

家事ってやらないと家庭が回らないから、なんだかんだ一人でも頑張ってやってしまいますよね?

そうすると夫は、

「あ、出来てるから大丈夫なんだ!?」と思ってしまいます。

 

特に、独り暮らし経験がない(少ない)夫は細かい所まで分かっていません。

例えば、

  • 「料理」といっても、献立を考える・テーブルを拭く・人数分のコップを置く・お茶を入れる・お箸を並べる。
  • 「洗濯」といっても、洗剤を入れる・洗濯機を回す・洗濯機から出す・竿を拭く・干す・取り込む・たたむ・しまう。

というのを含むこと。

 

まずは「家事は一人でやるのは大変だから協力してほしい。」とはっきり伝えましょう。

それだけでも協力的になるかもしれません。

 

2.やることを具体的に。

いざやろうと思っても、何をしていいのかわからない場合もあります。

 

出来るだけ具体的に「◯◯をやって」と伝えましょう。

 

「その場の状況に応じて臨機応変に」というのはちょっとハードルが高い気がします。

 

やることが曖昧(あいまい)だとその内やらなくなってしまうので、やることを紙に書いて貼っておくのもいいかもしれません。

 

3.ダメ出ししない。

夫が家事をやり出すと、気になる点もたくさん出てくると思います。

例えば、洗い物が雑で油が残っていたり、洗濯物の干し方だったり。

 

しかし、なるべくダメ出しはしないようにしましょう。

ダメ出しをすると、「なんだよ、せっかくやってるのに」となってしまいます。

 

改善してほしい場合は、「ここはこうしてほしい」と優しく言って下さい。

 

4.本人ペースに任せる。

夫がやる家事は、できる限り本人ペースに任せましょう。

妻と夫で、考えてる事にギャップがあったりします。

 

例えば洗い物やお風呂掃除、

妻的には早くやってほしくても、夫的には「ひと休みして、◯◯分になったらやるか。」と思っている場合もあります。

(夫がゴロゴロしてるのは、家事をするエネルギーを蓄えている可能性が高い。)

 

そんな時に「早くやってよ」とガミガミ言われると、やる気が削がれてさらに遅くなってしまいます。

 

5.最後にお礼の言葉を。

最後に「ありがとう」とお礼を言いましょう。

 

「なんで私は言われないのにこっちは言わないといけないの?」

と思うかもしれませんが、最初だけです(笑)

最初だけでいいので、とりあえず「ありがとう」と言っときましょう。

 

もし言いづらかったら、「◯◯やってくれるとすごい楽。」とか「楽だった。」でいいと思います。

 

楽だったと聞くと、夫としても

「え!?そんなに楽なんだ!?じゃあまたやるか。」

となります。

 

夫に家事をやらせる方法まとめ。

いかがでしょうか?

今回は、夫の立場から考える、夫に家事をやらせる方法をご紹介しました。

  1. 家事は大変だとはっきり伝える。
  2. やることを具体的に。
  3. ダメ出ししない。
  4. 本人ペースに任せる。
  5. 最後にお礼の言葉を。

 

これで、夫に家事をやらせられるはずです!

是非試してみて下さい。