虹の子育てブログ

2児の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのことなど書いています。

子供が習い事をやめたいと言ったらどうする?


f:id:gharuto:20190708234721j:image

先日こんなことがありました。


うちの上の娘(5才)は4月から習い事を始めたのですが、ある時楽しいか聞いてみると「楽しくない」と言います。
やめたいかと聞くと「うん」と。

 

いつもそんなに嫌がる様子はみられなかったので、とりあえず様子をみることにしました。

 

また別の日に聞くと「楽しい」とか「楽しくない」とか言ったり、バラバラです。


今のところまだ続けています。

 

子供が習い事やめたいと言った場合、親としては悩みどころですよね。
「すぐにやめさせたら、我慢強さが身に付かないんじゃないか」とか、
「嫌なのに続けさせてもよくないんじゃないか」とか。

という訳で、今回はもし子供が習い事をやめたいと言ったら、どうしたらいいのかを書いてみました。

 

 

習い事をやめたいと言ったら、少し様子をみる

今回のうちの娘もそうですが、子供って言うことがコロコロ変わったりするんですよね。


例えばその日つまらなかったら「やめたい」、
別の日に楽しかったら「楽しい」とか。


やめたいと言ってすぐに行動してやめてしまったら、「やっぱりまたやりたい」となった時大変です。

しばらく様子をみて本当にやめたいのか見極める必要があります。
(明らかに嫌がっているなら別ですが)

 

一定期間たってもやめたいと言ってるなら、本当にやめたいと思っているという事でしょう。

 

習い事をやめたいと思っていた場合、やめさせた方がいいのか?


f:id:gharuto:20190708234743j:image

では、本当にやめたいと思っていた場合、やめさせた方がいいんでしょうか。
それとも頑張って続けさせた方がいいんでしょうか。

 

私は、やめさせた方がいいと思います。
なぜなら、嫌々続けても伸びないし、周りの好きでやってる子は伸びますから、それと比べて自分に自信を無くしてしまいます。
先生に叱られたりしたらなおさらです。

 

また、好きでもないことを自分にウソをついて続けていると、子供でもうつのようになってしまいます。

最近は子供でもこのようなうつが増えているんだそうです。

 

仮に1年嫌々続けたとします。でも子供にとって1年はとてつもなく長く感じます。親と子供の時間の感覚は違うんです。
親にとって1年なんてあっという間かもしれませんが子供にとってはかなり長い間苦痛を味わうことになります。


その辺の「時間の感覚の違い」も考える必要がありますね。

 

すぐやめさせると、やめグセがつく?

親が一番心配なのは、やめたいと言ってすぐにやめさせたら「やめグセ」がつくんじゃないか、という事だと思います。

 

しかし、やめグセがつくなんてのは迷信です。

子供は本当に興味のあることなら、やめろと言ってもやめません。

 

やめたいと言うことは、単純に興味が持てないからです。
根性がないとかそういう問題ではないと思います。

 

3個習い事をして、全て飽きてやめてしまっても、4個目でぴったりのものと出会うかもしれません。

 

発達脳科学の面からみると


f:id:gharuto:20190708234755j:image

発達脳科学の面からみるとどうなのでしょうか。

 

まず、子供の脳の発達について説明します。


赤ちゃんの脳はすでに大人と同じくらいの数のニューロン(神経細胞)が存在します。
だからそこからニューロンが増えていくわけではなく、
ニューロン同士をつなげるシナプスという回路が増えていきます。

3才頃には大人の約2倍のシナプスになっています。
なぜそんなに多いのかと言うと、あらゆる可能性に対応できるように、使われる量より多いシナプスがあるんです。

 

そこからシナプスの刈り込みが行われます。重要度の低いシナプスは消えていき、大人の脳に近づいていきます。

そして12才位にはほぼ脳が出来上がります。

 

使われないシナプスは消えていきますが、使われるシナプスは強化されていきます。

 

ちょっと難しい話になってしまいましたが、何が言いたいかと言うと、
楽しいという感情を伴った刺激はシナプスの結合を強くします。
シナプスの結合が強くなると情報伝達が早くなりますから、脳の働きがよくなります。
だから、楽しく習い事をしてる子は伸びるんです。

 

しかし、好きでもないのに無理に続けさせた場合、子供は強要されたり叱られると恐怖や怒りを覚えますから、筋肉がこわばって血流が悪くなります。
せっかくあるシナプスがうまく使われないんです。
体をうまく動かせません。

怖い体験をすると体が固まってしまうのと一緒ですね。

ですから、嫌々習い事をやってても伸びないんです。

 

世の「天才」と呼ばれた子供にみる例

プロゴルファーの石川遼選手と、フィギュアスケート浅田真央選手の例をあげてみます。

 

石川遼選手のパパは、石川選手がよちよち歩きの頃から自宅の庭でゴルフごっこをさせたり、幼稚園児になると庭にネットを張り、自分のゴルフクラブを子供用に改造して練習させてあげてました。
小学校二年生になると、パパはゴルフ倶楽部頼み込み子供料金を設定してもらい、練習させてあげてました。

 

浅田真央選手のママは、最初バレリーナにしたくてスケートを習わせてました。
ところが真央さんはスケートのジャンプが好きになり、それを察知したママは毎日朝夕リンク送り迎えをしたりと、全面的に支援していきます。

 

子供をよく観察し、何に興味があるかを見極める

二人の例の共通点は、親が子供の興味を見極め、それに打ち込める環境を整えたということです。

 

特に浅田真央選手の例だと、元々はバレリーナにさせたくてスケートをやらせたのに、スケートに興味を持ってると見極めてそっちの方向に支援ていったママはすごいですよね。
子供をよく観察してたんだと思います。

 

決して強要はしてません。

 

このように、習い事も、子供の事をよく観察し何に興味を持っているかを見極め、それに打ち込める環境を整えてあげることが一番大切です。

 

習い事をしないと運動不足になる?


f:id:gharuto:20190709063558j:image

もし、運動不足を解消させたくて習い事をさせたいと思っているんでしたら、別に習い事じゃなくても運動不足は解消できます。


公園で一緒に遊んだり、お手伝いをしたり、学校と家の往復だったり、そういった日常生活の中にある部分が大きいと思います。

 

決して運動系の習い事をしないと運動不足が解消できないわけではありません。

 

まとめ

子供が習い事をやめたいと言ってきたら、まずはしばらく様子をみて、本当にやめたいと思っているんでしたらやめた方がいいと思います。

 

嫌がっているのに無理に続けさせると、伸びないので逆に自分に自信をなくしたり、長期間だとうつになってしまったりします。

 

一番大切な事は、子供をよく観察し、何に興味を持っているのかを見極める、それに打ち込める環境を作ってあげる事です。