虹の子育てblog

2児の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのお役立ち情報など書いています。

「何色でしょーか?」。子供に野菜を食べさせるいい方法。

f:id:gharuto:20200602230147j:image

こんにちは、小1と年少の娘達のパパです。

 

先日、夕飯の時に妻が「豚肉とパプリカの野菜炒め」を作ってくれました。

パプリカは赤と黄色の2種類、それに緑のピーマンもあります。

 

それを家族で食べてる時に、良いことを思いついてしまったんです!

 

最初子供にやらせようと思ったのですが、

まず私(パパ)がやってみせます。

 

私「ねぇねぇ、何色か当てるからパプリカ入れてみて。」

と言って、目をつぶって口を開けます。

 

すると子供達は「いいねぇ!」とノってきます。

 

子供が私の口にパプリカを入れてくれ、もぐもぐ。

私「うーん…黄色!」

子供達「正解ー!」

 

すると子供達も「私も私も!」と言ってきます。

 

今度は子供が目をつぶって口を開け、私がパプリカを口に入れ

私「はい、何色でしょーか?」

子供「(もぐもぐ)うーん、赤!」

私「正解ー!」

 

外れたら「ブッブー。黄色でした!」

 

という感じ。

 

子供二人競うように「やってやって!」と言ってくるので、どんどん食べます。

 

しめしめ、思い通り。

 

これのいいところは応用が効くという所です。

私「じゃあ今度は、何を入れたか当ててみて!」

子供「いいね!いいね!」

 

子供が目をつぶって口を開け、私がシメジを入れます。

私「はい、何を入れたでしょーか?」

子供「うーん…きのこ!」

私「正解!」

 

さらに応用で、

私「じゃあ、今度は2つ入れるから、何と何を入れたか当ててみて。」

子供「いいよ!」

 

私「何を入れたでしょーか?」

子供「うーん…豚肉と…パプリカ!」

私「正解!」

 

という感じ。

 

結局、一人10回近く食べてくれました。

 

まさかこんなうまくいくとは思いませんでした。

最初思いついた時は、ちょっと面白いゲームを思いついた位の感覚だったんですけど。

 

年少の娘でもあらゆる物をパクパク食べてくれました。

 

どうでしょうか?

これ、色んな料理に応用できると思います。

 

子供がなかなか野菜を食べてくれなくて困っているお父さんお母さんて多いですよね。

 

だから、是非この方法を試してみて下さい。

 

この記事が少しでも役に立ってくれれば幸いです。