虹の子育てblog

2人の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのお役立ち情報など書いています。

ーおすすめ記事ー

子供の迷子対策。お出かけする時は○○を持たせると安心。

f:id:gharuto:20211010121408j:image

皆さんは、子供とお出かけする時って迷子対策されているでしょうか?

 

たぶんしてない方がほとんどではないでしょうか。

 

かくいう私も以前は何もしてませんでした。

でも、子供が一度迷子になりかけて、それからは迷子対策してます。

 

迷子対策絶対やった方がいいですよ。

子供が迷子にならない保証なんてどこにもない。

 

小さな子供は連絡手段がないから、迷子になったらアウト。

たぶんその日の予定はすべてキャンセルになるでしょう。

なにより子供にとてつもない恐怖心を与えてしまいます。

 

だから、子供とお出かけする時はなるべく迷子対策をしましょう。

 

子供が迷子になりかけた話。

以前、一度だけ子供が迷子になりかけたことがあります。

 

当時小1と年少の娘二人と私(パパ)の三人で、ショッピングモールにお出かけしたときの話。

本屋に入って子供に好きな本を選んでもらい私が会計をします。

会計を済ませると娘達の姿が見えません。

本を見てるのかなと思い本屋の中を探すもおらず、外を見渡してもいません。

 

これはヤバい。

 

もう一回本屋の中を探し、また外を探すと、いました!

 

上の娘が下の娘の手を引いて、二人とも泣きながら私を探し回ってました。

 

よかった~。

 

話を聞くと、パパが先に外に出ちゃったと思い外を探してたとのこと。

 

子供って連絡手段ないから怖いですよね。

 

大人同士ならはぐれても当たり前のようにスマホで連絡取れますが、子供はそれが出来ない。

 

実際そうなってみるとめちゃくちゃ焦ります。

 

今回は割りと地元だったのでまだマシでしたが、これがもし旅行先だったらと思うとゾッとします。

 

なにより子供に恐怖心を与えてしまった。

ちゃんとみてればよかった。

 

それ以来迷子対策をするようにしました。

 

私がやってる迷子対策。

私がやってる迷子対策は、パパとママの電話番号を書いたネームタグを子供のポケットに入れる、です。

 

ネームタグとはこういうやつ↓

f:id:gharuto:20211010120140j:image

 

そして子供にこう言っときます。

「迷子になったら誰か大人のひとにこれを見せるんだよ。そうすればパパかママに電話してくれるから」と。

 

これやっとくと安心感が違います。

 

「子供はいざ迷子になったときパニックになってできないんじゃないか?」

と思うかもしれませんが、口すっぱく言っておけばできると思います。

 

わざわざネームタグを準備しなくても、メモをポケットに入れとくだけでもいいと思います。

 

商品化?

この対策のデメリットは、子供が嫌がる場合があることです。

 

うちの子も最初は嫌がりました。

最初はネームタグをカバンや服につけようとしたのですが、嫌がったのでポケットに入れることにしました。

 

そこで思ったのが、「何か子供が身に付けて喜ぶようなもので、こういう迷子対策グッズがあればいいのに」ということ。

 

例えばリストバンドとか。

 

リストバンドだったら子供は喜んで付けそうじゃないですか?

特に男の子。

 

鬼滅の刃とコラボして、カッコいい・かわいい迷子対策リストバンドがあったら絶対売れる思うのに。

 

誰か作ってくれないかな。

 

なんて思ったんですが、でもこれにも問題が。

 

もし迷子対策リストバンドが流行って親の連絡先が書いてあるってことが世間に浸透したら、たぶん誘拐が増えると思うんですよね。

 

なかなか難しいですね。

 

だからあまり大っぴらに身につけるのではなく、ポケットに入れとくのが一番いいのかもしれません。

 

考えすぎでしょうか(^_^;)

 

豆知識。

話は少しそれますが、

昔(江戸時代とか)って迷子になったら大変だったんでしょうね。

下手したら一生会えない。

 

昔の迷子事情はどうだったんだろう?

と思い調べてみると、ありました↓

江戸時代、迷子になると自力で両親との再会は難しかった? (Japaaan)

 

江戸時代もやはり迷子は問題だったらしく、特に人口の多い江戸の町は人があふれていて迷子も多かったらしいです。

 

当時は交番や警察もないのでそのまま生き別れつながりかねない大事件だったそう。

 

だから江戸の子供はみんな迷子札を常に身に付けてたとか。

 

あと、今の東京駅近くに一石橋っていう所があるんですが、

そこに「迷子しらせ石標」という大きな石が立っています。

 

これは江戸時代に作られた、迷子掲示板のような役割のものだったらしいです。

 

まとめ。

迷子対策を何もしないで子供とお出かけするということは、実は大きなリスクを背負っているんです。

 

もし迷子になったらその日の予定はすべてキャンセルになったり、

なにより子供にとてつもない恐怖心を与えてしまいます。

 

子供とお出かけの時は、是非迷子対策をしていきましょう。