虹の子育てブログ

2児の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのことなど書いています。

保育園が遠くて大変!という方へ。


f:id:gharuto:20190717234057j:image

うちは今、子供二人とも同じ保育園に通ってますが、以前は違ってました。

 

下の子はすごい遠い保育園に通ってました。どのくらい遠いかと言うと、測ったことあるんですが自転車で片道25分です!

遠いですよね。

 

最初は「なんでよりによってこんなところなんだよー」と思いましたね。

「もっと近くに空きなかったのか~」と。

 

でもね、でも、決まったものはしょうがないんですよ。文句を言っても変えてはくれない。もうやるしかないんです。

(正式に役所とかに言えば変えてもらえるのかな?)

 

ということで、送り迎えしました。

しかも2年間。

 

いや、私は平日休みの日だけ送り迎えすればよかったですが、ママは大変だったと思います!

何せ、まず上の子の保育園に送ってから、下の子の遠~い保育園に送って、それから出勤ですから。

雨の日も風の日も。

ホント頭が下がります。

よく心が折れなかったなと思います。

(実際ちょっと折れてたのかな…)

 

さて、2年間そんな遠い保育園に送り迎えしてきて、悪いことばかりではないなと思ったことがあるので、書いてみたいと思います。

 

送り迎えが大切なコミュニケーションの時間になる

保育園が遠いと、子供と二人で過ごす時間が長くなりますよね。そうすると、結構色々会話をするんですよ。

 

下の子は当時まだ1、2歳でまだちゃんとしゃべれなかったりしましたが、それでも一生懸命しゃべるので、こっちも自転車こぎながら「うんうん」「そうなんだー」とか相づち打ちます。

これが結構いいコミュニケーションになりましたね。

普段上の子がよくしゃべって、下の子とゆっくり話す時間がなかったので、絆を深める大切な時間でした。

 

通園路で子供がいろいろ刺激をうけられる

保育園が遠いということは、通園路にそれだけ色々なものがあるということだから、子供が色々なものを見れて刺激を受けられるということです。

うちの子の場合、バスやトラックを見るたびに「あ、バス」「あ、トラック」と言ってました。

こっちから「あれはゴミ収集車だよ」と教えると覚えてくれたり、たまに救急車が通ると「あ、ピーポーピーポー!」とテンション上がったりしてました。

 

しかも遠いので、いろんなルートがあるんですよね。

「今日はこっち行こう」とか。

そうするとさらに色々刺激を受けられます。

 

途中に犬小屋で犬を飼ってる家があって、そこもよく寄ってましたね。
「ワンワン見る」って言うんですよ。

 

迎えにいった帰りは、途中のスーパーに寄ってお菓子やアイスなどを買って、ベンチに座って子供とよく食べてました。

子供にとってあれは楽しみな時間だったと思います。

 

今はもう近い保育園になり、単調な通園路なので、そういった刺激を受けることはなくなってしまいました。

 

そういう意味で、遠いなら遠いなりのメリットがあるということです。

保育園遠いからと言って悲観せず、遠いなら遠いなりのメリットもあるんだと思って、乗り越えて下さい。

 

運動不足解消になる

子育て中ってけっこう運動不足になりやすいと思います。

精神的に疲れてしまうから、ダルくて体はあまり動かしたくない(´Д`)みたいな。

ても、保育園遠いと、強制的に自転車を長距離こぐことになります。

自転車をこぐってすごいカロリー消費するんですよ。

送り迎えしながら運動もできる。一石二鳥じゃないですか(笑)

実は健康にいい生活になっているんです。

 

保育園遠くて大変なら、職場に相談しましょう

保育園が遠くて大変、ていうなら職場に相談して時間短縮してもらいましょう。

単純に、送り迎え30分かかるなら仕事を朝夕30分ずつ短くすれば、プラマイゼロですよね。

確かに自転車を長距離こぐのは大変ですが、体に悪いわけではありません。むしろ健康にいい訳です。

問題なのは時間ですから、時間を短くすれば解決すると思います。

 

時間短縮すると当然収入も減ってしまいますが、お金より時間です!心の余裕です!

それに無理すると逆に思わぬ出費がかさむものです。

無理はせず、時間に余裕を持たせましょう。