虹の子育てblog

2児の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのお役立ち情報など書いています。

おすすめ幼児教材3選。料金や特徴を分かりやすくまとめてみました。

f:id:gharuto:20200309230723j:image

幼児教材ってたくさんあって、どれがいいのか迷っちゃいますよね。

  • たくさんありすぎて結局どれがいいの?
  • 料金や特徴を比べるのが大変。

って方も多いと思います。

 

実際に幼児教材を利用した事のある私が、おすすめの幼児教材を3社選んでみました。

ニーズ別に3社だけです。

そして、料金やそれぞれの特徴を分かりやすくまとめてみました。

 

この記事を読むことで幼児教材選びに迷うことなく、自分の家庭に合ったものを選ぶ事ができると思います。

 

おすすめ幼児教材3選。

私がおすすめする幼児教材は次の3つです。

  • 児ポピー:料金が安い。
  • こどもちゃれんじ:おもちゃやDVDなど、教材が豊富。
  • Z会幼児:教材に定評あり。将来的に受験など考えてる方におすすめ。

 

なぜこの3つかと言うと、イードアワード2019 通信教育(幼児の部)で賞をとっているのと、料金が比較的安め、歴史が古いからです。

 

(イードアワードとは、株式会社イードが行っている、顧客満足度調査です。

イード・アワード 通信教育2019 | 株式会社イード)

 

歴史でいうと、こどもちゃれんじが32年、幼児ポピーが40年以上、Z会に至っては88年です。

歴史が古いということは、それだけノウハウが溜まっているということです。

 

おすすめ幼児教材3社の料金を比較。

f:id:gharuto:20190517110942j:plain

まず料金を比較していきます。

(全て税込)

 

【幼児ポピー】

ももちゃん(2~3才) 980円/月

きいどり(年少) 980円

あかどり(年中) 1100円

あおどり(年長) 1100円

 

【こどもちゃれんじ】

ぷち(1~2才)

  • 12ヶ月分一括払い 20748円(1729円/月)
  • 毎月払い 2074円/月

ぽけっと(2~3才)~じゃんぷ(年長)

  • 12ヶ月分一括払い 23760円(1980円/月)
  • 毎月払い 2379円/月

 

Z会幼児】

年少

  • 12ヶ月分一括払い 1870円/月
  • 6ヶ月分一括払い 2090円
  • 毎月払い 2200円

年中

  • 12ヶ月分一括払い 2244円/月
  • 6ヶ月分一括払い 2508円
  • 毎月払い 2640円

年長

  • 12ヶ月分一括払い 2431円/月
  • 6ヶ月分一括払い 2717円
  • 毎月払い 2860円

 

料金比較を分かりやすく解説。

児ポピーが圧倒的に安いですね。こどもちゃれんじの半額程度です。

 

こどもちゃれんじは12ヶ月分一括払いならどのコースでも月2000円を切ります。

 

Z会は、年少コースだとこどもちゃれんじとそんなに変わりませんが、年長コースになると比較的高くなりますね。

 

おすすめ幼児教材3社のそれぞれの特徴。

f:id:gharuto:20200310102145j:image

肝心の教材内容はどうなのでしょうか。

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

児ポピーの特徴。

ポピーは(株)新学社が運営している教材で、

新学社は全国の小中学生を対象にワークブックやドリル、問題集を発行しており、特約店を通じて学校へ提供しています。

ポピーにはそのノウハウがつまっています。

 

児ポピーで送られてくるもの。

児ポピーで送られてくるものは年齢によって変わってくるみたいですが、例えば年中コース、年長コースなら

【毎月】

  • わぁくん:体験型のワークブック。体を使った遊びや身近なものを使った遊びを紹介してくれる。
  • ドリるん:その名の通り、ドリル型ワークブック(42ページ、30問くらい)。
  • おうちの方向けの情報誌

【3ヶ月に1回】

  • きせつしんぶん
  • 特別教材:紙の付録(親子で遊べるカードゲームや作って遊べる工作など)か、スマホで遊べるデジタルなもの。

となります。

 

児ポピーのメリット。

一番のメリットは料金が安いことでしょう。ポピーは、子供に本当に必要なものを届けようと考えており、余計な付録は付けず費用を抑えています。

 

イラストが可愛くシール貼りも多めなので、小学校入学までに必要な「もじ、かず、ことば」を楽しくバランスよく学べます。

 

また、脳の専門家の監修を受け、「脳力」を伸ばす教材作りをしています。

 

難易度はやさしめで、早生まれでも問題なくついていけると思います。

 

児ポピーのデメリット。

デメリットとしては以下のような口コミがありました。

  • ドリるんは30問くらいありますが、早いと数日で終わってしまう。
  • 簡単過ぎる。

 

児ポピーは実年齢より上のコースを選ぶこともできます。

一度無料資料請求をして、お試しサンプルをやってみることをおすすめします。

児ポピーの無料資料請求はこちら⇒2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

 

こどもちゃれんじの特徴。

こどもちゃれんじは(株)ベネッセコーポレーションが運営している教材で、ベネッセコーポレーションは言わずと知れた通信教育の大手ですよね。

 

イードアワード2019通信教育(幼児)では、「総合満足度最優秀賞」を2年連続取っています。

 

大きな特徴は、教材が豊富(おもちゃ、DVDあり)というのと、人気キャラクターのしまじろうでしょう。

 

実は我が家もこどもちゃれんじを3年以上利用していました。

⇒こどもちゃれんじ口コミ記事はこちら

 

こどもちゃれんじで送られてくるもの。

【毎月】

  • エデュトイ:知育おもちゃ。クオリティが高い。
  • 絵本:季節もののお話や生活マナー等を教えてくれる。工作などもあり。
  • キッズワーク:ドリル型ワークブック(40ページ、20問くらい)。

【隔月】

  • DVD

 

こどもちゃれんじのメリット。

教材内容が豊富で、おもちゃ(エデュトイ)、DVDが付いてくるのはこどもちゃれんじだけです

特にエデュトイのクオリティは高く、試してみる価値ありです。

 

人気キャラクターのしまじろうもこどもちゃれんじの強みで、

教材の中で出てくるのはもちろんのこと、テレビやコンサートもやっているので、楽しみながら一緒に成長していくことができます。

 

こどもちゃれんじのデメリット。

私が実際利用してみて感じたデメリットは以下です。

  • エデュトイ(おもちゃ)がどんどん溜まり、それプラス誕生日プレゼントやクリスマスプレゼント等でおもちゃを買ってると収納が大変。
  • 教材が豊富なので、その分一緒に遊ぶ時間を取られる。

 

ただこれだけ豊富な教材内容なので、コスパはかなりいいと思います。

キッズワークも20問くらいと他社のドリルと比べるとやや少なめですが、他の教材が豊富なので少ないとは全く思いませんでした。

 

私的には、とにかく迷っているのならこどもちゃれんじをおすすめします。

⇒こどもちゃれんじの無料資料請求はこちら

 

Z会幼児の特徴。

Z会幼児は、(株)Z会が運営している教材で、「難関校に強いZ会」と言われいる通り教材の質に定評があります。

イードアワード2019通信教育(幼児)でも「効果のある通信教育」「教材がよい通信教育」などで賞を取っているので、それを裏づけていると思います。

 

Z会幼児で送られてくるもの。
  • かんがえるちからワーク:ドリル型ワークブック(30ページ、30問くらい)。
  • ぺあぜっと:親子で取り組む体験型教材。身近なものを使って工作や料理、実験などを行う。
  • ぺあぜっとシート:毎月のテーマにそって親子で会話し、絵を描いて提出。Z会の先生から「おへんじシート」が帰ってくる。
  • ぺあぜっとi:保護者向け情報誌

※年少コースは「ぺあぜっとシート」ではなく「いっしょにおでかけブック(図鑑や探し絵などが入った絵本型教材)」です

 

Z会幼児のメリット。

Z会の一番の特徴は、考える力や好奇心など「あと伸びする力」を重視している所です。

 

ぺあぜっとでは親子で行う身近なものを使った工作、料理、実験など、体験学習が充実していて子供の好奇心を引き出してくれます。

 

かんがえるちからワークも、難易度が高いというよりかは少しひねったというか、考える必要がある問題が入っているようです。

 

ぺあぜっとシートも、提出すると先生からおへんじシートが帰って来て誉めてくれるので子供も喜ぶと思います。

 

また「難関校に強いZ会」ですから、将来的に受験や難関校を考えているのでしたら、Z会幼児コース→小学生コース→中学・高校コースをいう風にステップアップしていくのもいいと思います。

 

Z会幼児のデメリット。

デメリットとしては、以下のような口コミがありました。

  • 体験型教材ぺあぜっとは親子で行うものなので、一緒にやる時間を取るのが大変。
  • かんがえるちからワークは30ページしかない(1日1ページ)ので学習量が少なく感じる。
  • 考える力重視なので、文字学習などが進む速度が遅い。周りの子の方が早く感じる。

 

Z会では、平日に「かんがえるちからワーク」1日1ページ、土日に親子で「ぺあぜっと」というのを推奨しているようです。

 

この辺も、自分の家庭にあっているかどうか一度無料サンプルを試してみるのをおすすめします。

Z会幼児の無料資料請求はこちら⇒Z会 幼児コース

 

おすすめ幼児教材まとめ。

児ポピーはこんな人におすすめです。

  • 余計な付録はいらないから安く済ませたい。
  • 小学校入学までに必要な学力をつけたい。

児ポピーの無料資料請求はこちら⇒2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

 

こどもちゃれんじはこんな人におすすめです。

  • エデュトイ(おもちゃ)やDVDもほしい。
  • しまじろう達と楽しく学びたい。
  • とにかく迷っている(私的にはこどもちゃれんじがおすすめ)。

⇒こどもちゃれんじの無料資料請求はこちら

 

Z会はこんな人におすすめです。

  • 好奇心や考える力など「あと伸びする力」とつけたい。
  • 将来的に受験や難関校を考えている。

Z会幼児の無料資料請求はこちら⇒Z会 幼児コース

 

こどもちゃれんじの口コミ記事はこちら↓

www.nijinokosodate.com