虹の子育てblog

2児の女の子のパパです。子育ての事、お出かけのことなど書いています。

napnap(ナップナップ)の抱っこひもがおすすめな7つの理由


f:id:gharuto:20190604180248j:image

赤ちゃんが生まれて抱っこひもを買おうと思ってるパパママ、
どれを買おうか迷ってはいませんか?

 

抱っこひもって種類がいっぱいありますよね。

なるべく安い方がいい、でも赤ちゃんに接するものだから機能面も充実してる方がいい。

 

そんなにあなたにおすすめなのがnapnap(ナップナップ)の抱っこひもです。

 

 

napnap(ナップナップ)の抱っこひもの特徴。

ナップナップは日本のメーカーで、抱っこひもは整体師、プロ保育士、子育て中のママが共同開発して作られています。

 

抱っこひもはいろいろなメーカーから出ていますが、
どのメーカーも基本的な機能はそんなに変わりません。

 

しかし、ナップナップの抱っこひもには、日本のメーカーならではの、気の効いた機能がたくさんあるんです。

 

napnap(ナップナップ)の抱っこひも、おすすめポイント7つ

 

具体的におすすめポイントを7つあげていきたいと思います。

 

コスパがいい。

抱っこひもって結構高いですよね。
一般的なものだと2万円~3万円位します。

でも、ナップナップの抱っこひもは8000円台~12000円台なんです。
なにかとお金がかかる子育て中には助かる価格ですよね。

 

そして、安いからと言って決して機能が劣ってるという訳ではありません。
機能もしっかりしてるから、コスパがいいんです。

 

②赤ちゃんの背あて部分が全面メッシュ

抱っこひもってどうしても密着してるので熱がこもってしまいます。
特に暑い夏の日は、赤ちゃんを降ろすと汗びっしょりだったり。

 

でもナップナップの抱っこひもは、赤ちゃんの背あて部分がファスナーで
全面メッシュに切り替えられるんです。


f:id:gharuto:20190604102033j:image

出典:napnap公式オンラインショップ  ベビーキャリー「BASIC」

 

これで通気性抜群!
赤ちゃんも快適に過ごせます。

※「ベビーキャリーコンパクト」は背あて部分メッシュなし。

 

③大容量ポケットで、手ぶらでお出かけできる。

抱っこひもしてお出かけをした時、財布を出すの大変じゃないですか?
リュック降ろしてゴソゴソ探したり。
あと、疲れて帰って来て家の鍵を出す時とかもそうですよね。

 

でもナップナップなら大丈夫。
大容量ポケット付きなので、財布、スマホ、鍵、タオル等を入れられます。


一番外側に小ポケットも付いてます。

 


f:id:gharuto:20190604102444j:image

出典:napnap公式オンラインショップ  ベビーキャリー「BASIC」

 

これなら手ぶらでお出かけできるし、
必要な時にスッと取り出せます。

とても便利ですね。

 

④日本で企画・設計しているので、小柄なママでも使いやすい。

欧米サイズの抱っこひもだと、小柄なママの場合
「大きすぎて合わない」
なんて意見もあるんです。

 

ナップナップは小柄な日本人でもしっかりフィットするように設計されています。

 

身長148~198cm、ウエスト61~125cm対応です。

 

小柄なママだけでなく、パパでも使用できます。

 

⑤赤ちゃんの股関節にやさしい。

欧米サイズの抱っこひもだと、赤ちゃんの股関節部分が広く、股関節が開き過ぎて心配との声もあります。

 

ナップナップの抱っこひもは日本人の骨格に合わせ、
赤ちゃんの股関節部分を狭めつつ、理想的なM字をキープできるように設計されています。


f:id:gharuto:20190604102618j:image

出典:napnap公式オンラインショップ  ベビーキャリー「BASIC」

 

⑥SGマーク付きで、安心・安全設計

ナップナップの抱っこひもは安全性を認証するSGマークを取得しています。

 

抱っこひも使用中の落下防止のため、シートの内側に赤ちゃんの体を固定させるポケットやベルトをつける

「落下防止ベスト」

を取り入れてます。

 

その他にも、
・万一バックルが外れても赤ちゃんが落下しない設計。

・ベルトが長い場合はゴムでまとめられる。

・力のかかる部分は補強縫い。

 

など、細かい部分もしっかり作られています。

 

⑦腰の部分でコンパクトにまとめられる

一般的な抱っこひもだと、赤ちゃんを抱いていない時って、ダランと下げていたりしますよね。
歩くときに邪魔だったり、何かに引っかかって危なかったり。

 

でもナップナップの抱っこひもは腰の部分でコンパクトにまとめられるので、まるでウエストポーチのようにしておけるんです。


f:id:gharuto:20190604102732j:image

出典:napnap公式オンラインショップ  ベビーキャリー「BASIC」

 

見た目にも、おしゃれでいいですよね。

 

ナップナップは、抱っこひも関連のアイテムも充実。

もちろん、抱っこひも本体だけでなく、関連アイテムもそろえています。

 

レインケープ


f:id:gharuto:20190604104027j:image

出典:napnap公式オンラインショップ  レインケープ

・コンパクトにまとまり、専用ポーチ付きです。

・表地はポリエステルでしっかり水をはじき、裏地はメッシュなので通気性があり蒸れにくいです。

・装着も簡単で、4箇所をクリップでとめるだけ。日本製のクリップなのでしっかりとまります。

・足元は、ギャザーで赤ちゃんの足をしっかり包み込み、長さ調節もできるのではだけにくいです。

・フードはマジックテープやゴムで閉め具合を調節もできるので、風が吹いてもフードがはだけにくいです。

 

新生児パッド

・抱っこひもに併せて新生児パッドを使うことで、生後10日頃~4ヶ月頃(首すわり)まで縦だっこすることができます。

・綿100%やわらかクッションです。

 

保冷剤

・ジェルタイプなので凍らせても固くなりません。
・保冷、保温ともに2、3時間続きます。
・ふんわりタオルカバー付きです。
・ベビーキャリー(抱っこひも)と同時購入で半額になります。

 

暑い夏には「ベビーキャリーBASICメッシュドライ」が特におすすめ。


f:id:gharuto:20190604103126j:image

出典:napnap公式オンラインショップ  ベビーキャリー「BASIC」メッシュドライ


「ベビーキャリーBASICメッシュドライ」とは、ポケットを外すとオールメッシュになる抱っこひもです。

 


f:id:gharuto:20190604103254j:image

出典:napnap公式オンラインショップ  ベビーキャリー「BASIC」メッシュドライ

サーモグラフィで見ても
綿の抱っこひもより、メッシュドライの抱っこひもの方が早く熱が下がっているのがわかります。

 

なので、暑い夏のお出かけには特におすすめなんです。

 

しかも、軽量600gです。

 

まとめ

ナップナップの抱っこひもは、整体師、プロ保育士、子育て中のママが共同開発しており、
日本メーカーならではの気の効いた機能がたくさんついてます。

 

そしてとってもリーズナブル!
コスパがいいんです。

 

SGマークも取得しており、安全性も認証されています。

 

特に、暑い夏にはオールメッシュになる「ベビーキャリーBASICメッシュドライ」の抱っこひもがおすすめです。

 

公式サイトはこちら↓↓↓