虹の子育てblog

2人の女の子のパパです。子育ての事、お役立ち情報など書いていきます。

小学校休業等対応助成金を個人申請してみた①。

子供の保育園でコロナが出て、うちのこも濃厚接触者になりしばらく保育園お休みになりました。

 

これで二回目(T_T)

 

前回は妻が仕事休んだので、今回は私が休むことに。

 

会社に「小学校休業等対応助成金」を申請してもらえるか確認すると、やはり無理だと。

この制度はなかなか浸透しておらず、申請を拒否する会社が多いんです。

 

「小学校休業等対応助成金」とはこちら↓

コロナで休園・休校になり親が仕事休んだ場合、助成金はもらえるの? - 虹の子育てblog

 

ただ、個人申請の書類などは協力してくれるとのこと(あまりよくわかってないようですが)。

 

そこで個人申請してみることにしました。

 

小学校休業等対応助成金を個人申請してみた。

個人申請するには、まず勤め先の都道府県の労働局に電話します。

ここで注意点。自分が住んでる都道府県ではなく、あくまで勤め先の都道府県です。

 

労働局は各都道府県に1ヶ所あります。

 

労働局に電話。

電話はすぐにつながりました。

そして、コロナの影響で保育園が休みになり親も仕事休んだこと、会社に申請を拒否されたことを説明。

 

労働局:

「わかりました。ではこちらからまず会社に電話して通常の申請するよう促します。それでも無理とのことでしたら、個人申請に協力してくれるか確認します。会社が個人申請に協力してくれるようでしたら手続きを進めます。」

「その前にいくつか聞き取りたい点があります。15分くらいかかりますがよろしいでしょうか?」

と。

 

電話代かかってしまうので折り返してもらいました(^_^;)

 

そこで聞かれたのが

  • 名前や住所
  • 会社や本社の住所や電話番号
  • 会社の資本金や従業員数(だいたい)
  • 労働形態(正社員か派遣かなど)
  • 勤務形態(月~金かシフト制か)
  • 休んだ期間

など。

 

そしていくつか注意点を説明されます↓

  • 労働局から会社に申請の促しの電話を入れる際、私の名前も出すとのこと。→私「かまいません」
  • 会社に強制はできない。行政処分ではない。あくまでお願いするだけ。
  • 無休が対象。有休を取った場合や無断欠勤は対象外。
  • 大企業の場合はシフト制のみ対象
  • 個人申請の場合は平均賃金の80%

 

今回私は有休は取らず、無休という形を取れるので対象になります。

でも、だいたいの会社は無休なんてないですよね。有休にしなかった場合欠勤になってしまうと思います。

だから使いづらい制度だなぁと感じました。

 

あと個人申請の場合80%って何?

普通の申請は平均賃金の100%もらえるのに、個人申請だと80%になってしまう意味がわかりません。

 

でもそう言われたらしょうがないですね。

 

このあとのことですが、

労働局:

「基本的に折り返しの電話はしません。

会社が個人申請に協力してくれるなら、自宅に申請書類が送られてくるのでそれで手続きを進めて下さい。

会社が個人申請もダメだと言ったときのみ折り返し電話します。」

とのこと。

 

また、申請がこみ合っているので、会社に促しの電話を入れるのはしばらくあとになると(もしかしたら7月になってしまうのかも)。

 

個人申請は個人の口座に振り込まれる?

こちらから質問してみました。

 

私:「個人申請の場合、私の口座にお金が振り込まれると言うことですか?」

労働局:「はい、そうです。申請用紙に口座情報を書くところがあります。」

 

とのことでした。

 

対象期間や申請期限は?

小学校休業等対応助成金の対象期間と申請期限は、以下の通りです。

 

対象期間:令和4年1月1日~3月31日までの間に休んだ人

→申請期限:令和4年5月31日(必着)

 

対象期間:令和4年4月1日~6月30日までの間に休んだ人

→申請期限:令和4年8月31日(必着)

 

私は5月に休んだので、申請期限は8月31日までです。

 

まとめ。

小学校休業等対応助成金を個人申請することにしました。

 

労働局に電話をしたらすぐつながり、しっかり対応してくれました。

 

労働局から会社に電話をし、いろいろ交渉してくれるそうです。

 

やることはやったので、あとは結果を待ちます。